治療について
待合室
ホーム > 治療について

治療について

アトピー性皮膚炎治療

アトピー性皮膚炎とは

アトピー性皮膚炎とは、皮膚のバリア機能異常を伴う炎症と考えられています。

皮膚のバリア異常があると、アレルゲンの侵入が繰り返され、かぶれとは異なる(IgE産生やTh2優位)皮膚の炎症(湿疹やかゆみ)が起こり、悪化や鎮静を繰り返します。

その部分に更に新たなアレルゲンの侵入があると、[食物アレルギ―]・[気管支喘息]・[アレルギー性鼻炎]などが引き起こされる、いわゆるアレルギーマーチが生じると考えられています。

アトピー性皮膚炎イメージ

<アレルギーマーチとは>

アレルギー体質の子どもが成長するにつれて、様々なアレルギー疾患に順番にかかっていく様子をたとえたものです。

アトピー性皮膚炎の治療

一般的な治療

外用薬の塗布

皮膚の炎症を抑えるステロイド外用薬や免疫抑制剤であるタクロリムス外用薬の塗布が中心となります。

アトピー性皮膚炎治療薬

抗アレルギー剤の内服

痒みを抑えるために用いられます。

アトピー性皮膚炎治療薬

保湿剤の塗布

バリア異常を改善させるワセリンやヘパリン類似物質などの保湿剤塗布によるスキンケアも必要です。

アトピー性皮膚炎治療薬
最近注目されている治療

プロアクテイブ療法

一般的な治療を行い、症状が軽快しても、生活環境の改善などが不十分なために再び症状が悪化することがよくあります。そこで最近はプロアクティブ療法が注目されています。

プロアクティブ療法とは、外用薬・保湿剤の塗布や内服を行い、十分に皮膚の炎症を抑え改善した後も、維持療法として保湿剤の塗布を毎日行い、更に週2~3回のステロイドやタクロリムス外用薬を塗布することで、炎症の再燃を防ぐという方法です。

ご自宅でのケア

  • 生まれた直後から早期に体を保湿し、皮膚のバリア機能を正常にしておくことで、発症や重症化、更にアレルギーマーチの進行を阻止できると考えられています。
アトピー性皮膚炎の子供
  • ホコリ、ダニ、動物の毛などの悪化因子からの回避も必要です。
アトピー性皮膚炎のアレルゲン

ニキビ治療

従来のニキビの治療は、炎症を伴った紅いニキビに対しての抗菌剤の内服薬や外用薬が中心でしたが、ニキビのはじまりは、毛穴の角化異常によって毛穴に皮脂が貯留すること(微小面皰)から発症するという概念から、治療薬も毛穴のつまりを改善させるというアダパレンや過酸化ベンゾイルの外用薬が誕生しニキビの新生や再発を防ぐという考えが定着しています。

ニキビ治療イメージ

自由診療

成人のシミに多い老人性色素班等に効果のあるQスイッチアレキサンドライトレーザーやホクロの切除に炭酸ガスレーザーまた、シミ、クスミ、ハリ等の皮膚全体の若返りに効果があり皮膚への侵襲の少ないオーロラ(IPL+F)照射等も行っています。また難治性のニキビに対してケミカルピーリングや薄毛の治療にフィナステリドの内服薬の治療も自由診療で行っています。

詳しくは受付にてお尋ねください。

自由診療イメージ